【新商品レビュー】ドライな6%!サントリーストロングゼロ瞬感ライムとレモンを飲んでみた♪

4/2発売のサントリーストロングゼロ瞬感ライムとレモンを同時レビューしちゃいます!
瞬感ライムと瞬感レモン
2018年のチューハイの売上NO.1サントリーストロングゼロシリーズから
ついにアルコール度数6%登場!!!です。

サントリーストロングゼロ瞬感シリーズとは?

食事に合う缶チューハイとして人気のストロングゼロシリーズ
しっかりとした“飲みごたえ”と“果実味”をプリン体ゼロ、
糖類ゼロで楽しめるとして、前年比108%と好調な売上
ついに2018年は氷結シリーズを抜いて堂々の一位に輝きました。

そして、今回はその飲み応えと果実味はそのままに、
高アルコール以外でも食事に合う缶チューハイが飲みたい
消費者の声に応えて登場したのが「瞬感シリーズ」。

一口飲んだ瞬間からしっかりとした“飲みごたえ”と“果実味”が広がる新ラインナップです。

確かに、食事にあうドライ系チューハイの人気が高まる中、
ドライ系のチューハイはなぜか高アルコールの9%ばかりだったので、
アルコール度数6%個人的にはうれしいですね!!

それでは早速味のレビューいってみよう♪
まずは、写真左の瞬感ライムからご紹介しますね★

瞬時に感じる苦味と酸味。後味もすっきり!

ライムチューハイ

キャッチコピーどおり、飲んだ瞬間に口いっぱいに広がる瑞々しいライム感
ライムの苦味もうまくでていて美味しいです!
アルコール度数9%だったら、ここにしっかりアルコール感
加わってくるのですが、アルコール感はあまりなくサッパリとした後味
アルコール感の代わりに炭酸がさらに強めな気がします。

一口目に若干、人工甘味料の味が気になりましたが、
飲みすすめていくと慣れてくるかな?
アルコール感が少ない分飲みやすいです。

パッケージデザイン

ストロングゼロ瞬感ライム

とてもわかりやすいパッケージですね!
「瞬感ライム」というネーミングだけでも
なんとなくライム感強そうでおいしそうな気がします♪
アルコール度数6%もしっかり強調してきていますね。

お次は瞬感レモンです!

ちょっとにが酸っぱい、搾りたてのレモン感!

レモンイメージ

搾りたてのレモンのちょっとえぐみのある酸味が口に広がります!
全然甘くないので、レモンの風味が際立つんですね。

こちらも若干人工甘味料の後味があるものの
だんだん慣れてくる感じ・・・・。
強炭酸に合わせて果実味が口いっぱいに広がっていく。。。
そんな印象でした。

パッケージデザイン

瞬感レモン

ライム同様で、わかりやすいパッケージです。
下の帯の部分はでなくて、ブルーグレーのような
色を使っているところも、ちょっと男性っぽい渋いデザインかな?と
思いました。クールで爽快なイメージですね!

ちなみに下が9%のストロングゼロダブルレモンです。
帯はでシンプルなデザインですね・・・。

ストロングゼロダブルレモン

原材料とカロリーとアルコール度数とまとめ

瞬感ライム 瞬感レモン
原材料 ライム、ウォッカ、酸味料、炭酸、香料、酸化防止剤、甘味料 レモン、ウォッカ、炭酸、酸味料、香料、酸化防止剤、甘味料
カロリー(100ml当り) 37kcal 37kcal
アルコール度数 6% 6%
果汁 0.5% レモン果汁3%
甘さ
飲みやすさ ★★★★ ★★★★
総合評価 ★★★ ★★★

果実味はあってドライで美味しかったのですが、
どちらも若干みずっぽい?!ような薄い気がしました

★の半分がないのですが、3.5くらいの評価かな?
アルコール感が少ないしガツンとパンチがないからかな?
炭酸は強めで後味すっきりで食事にはあうと思います。

もうちょっとだけ、果実の味が濃い目の方がいいのか・・・。
そうなると甘く人工的になってしまうかもしれませんので、
微妙なところではありますが、食事と一緒ならいいけど
それだけ飲むとなんか薄いなと思うかもしれません。

糖質ゼロプリン体ゼロアルコール度数低いので
健康やアルコール度数を気にされる方にはおすすめです!

早めの寄付がお勧めです!

関連記事