【新商品レビュー】夏季限定!サントリー-196℃ ストロングゼロ瞬感シークヮーサーを飲んでみた!

6/25発売の夏季限定!サントリー-196℃ ストロングゼロ瞬感シークヮーサーを飲んでみました。
瞬感シークヮーサー

-196℃ ストロングゼロ「瞬感シリーズ」とは?

サントリーの人気シリーズ-196℃ ストロングゼロから、
4月にアルコール度数6%瞬感シリーズが登場。
瞬感レモン瞬感ライムの二種類が同時に発売されました!

今回は夏季限定瞬感シークヮーサーが登場!
強炭酸果実感、そしてドライな風味が特徴の同シリーズですが、
新商品のシークヮーサーはいかがでしょうか?

さっそくお味のレビューいってみましょう♪

うなる美味しさ!押し寄せる南国シトラスの波がグビッと爽快♪

シークヮーサー

こりゃ美味い!とついうなってしまうほどの美味しさです。
同シリーズの通年商品、瞬感レモンと瞬感ライムはちょっと果実味が薄くて水っぽい
気がしてなんとなく物足りなかったのですが、
シークヮーサーは、濃厚な果実味酸味強炭酸の波に乗って
押し寄せてくる感じ・・・・♪

アルコール6%グビッ飲みやすいのもいいですね!

ところで、前回のファミマ限定のキリン 氷結MIXスパークリング 和柑橘ミックス
や、今回のキャッチコピーの「南国シトラス」の「シトラス」。
シトラス」ってなんかおしゃれでおいしそうなイメージですが、
シトラス」は果物の種類?!なのでしょうか?
いったいどういうものなのか、皆さんご存知ですか?

シトラスとは?

シトラスとは?

英語ではcitrusと書き、柑橘類、主にミカン属の果物全般のことを指します。
シトラスとは洋風の柑橘類であるオレンジやレモン、グレープフルーツ、ライムをはじめ、前回ご紹介した文旦(ブンタン)シークヮーサーみかんなど和の柑橘類
すべて「シトラス」ということになります!

なるほど!シトラスっていっぱいあったんですね!
シトラスという果物自体は存在しないのです。
でも、そういう種類の柑橘類がありそうな気がしますよね・・・。

シトラスの名前の由来は?

シトラスの名前の由来 シトロンとは?

属名の学名「 Citrus(シトラス)」は、ラテン語で「シトロンの木」
を意味する「citrus(キトルス)」に由来するといわれます。

シトロンは、ミカン科ミカン属の常緑低木樹
インド原産のミカンの1種でアジアで古くから栽培され、
現在ではコルシカ島をはじめ地中海地方で栽培されています。

レモンに似ていますが、葉や果実がより大きく香りもより強いのが特徴です。
現在、フランス語で「シトロン」といえば「レモン」のことを意味します。

そういえば、日本にもリボンシトロンっていう飲み物がありますよね~・・・・。
シトラスっていう果物はないけど、シトロン=フランス語でレモンを指す。
ってことですね!納得です。

それでは、パッケージデザインです。

パッケージデザイン

瞬感シークヮーサーパッケージデザイン

力強いイメージですね!アルコール度数6%とはいえ、
ストロングゼロのネーミングがあるからか、ちょっと男性的なイメージが強い
パッケージデザインだと思います。

原材料とカロリーとアルコール度数

瞬感シークヮーサー原材料

原材料シークヮーサー、ウォッカ、酸味料、炭酸、香料、甘味料(アセスルファムK)

アルコール度数6%

カロリー:100mlあたり37kcal

果汁0.2%

K(アセスルファムKのこと)が入っていますが、変な甘さは感じられなかったです。
Kのおかげかカロリーが低いのがうれしいですね!
果汁は0.2%ですが、シークヮーサー浸漬酒を使用しているので
果実感はあります!

まとめとレーティング

項目 ★5つがマックス
デザイン ★★★
風味 ★★★★★
甘さ ★★
飲みやすさ ★★★★★
カロリー(低いと★少ない) ★★
アルコール度数

(低いと★少ない)

★★★
総合評価 ★★★★★

アルコールは6%で炭酸はストロング。
味は果実感も強くアルコール感も少なくとても飲みやすいです。

アルコール度数が強すぎると、わたしはそんなにグビグビ飲めないのですが、
6%だと丁度いいですね!夏にぴったりの味わいでした

バラ一本から新商品チューハイがよりどりで選べるサイトです↓

12月までにちょっとづつ、早めの寄付がお勧めです!

関連記事